「このところ籠もりきりだと知っている編集者の旧友が、写真撮影を口実に都心へ呼び出し、
それが終わると、赤坂のパリ式カフェに連れて行ってくれました。
気後れしている老人に、国籍不明なほど若々しい身なりの老人が歩み寄って、力強く、
ー裁判、おめでとう!
 私は跳び立つとサングラスにジャンパーの相手の肩口を摑みました。」

この文章には何人の登場人物が出てくるでしょうか?
最大の登場人物としては下記の6人が考えられます。
先ず「このところ籠もりきり」のAさん
その「旧友の編集者」Bさん
「気後れしている老人」Cさん
「若々しい身なりの老人」Dさん
「私」Eさん
「サングラスにジャンパーの相手」Fさん

次に考えられるのは
「このところ籠もりきり」のAさんと「私」Eさんは同一人物Aさん
「旧友の編集者」Bさんと「サングラスにジャンパーの相手」Fさんが同一人物Bさん
とすると、4人です。

さらに違う形を考えてみると
「このところ籠もりきり」のAさんと「私」は同一人物らしいので
その「旧友の編集者」Bさん
「若々しい身なりの老人」Dさんと「サングラスにジャンパーの相手」Fさんが同一人物Dさん
そうです、「気後れしている老人」Cさんも「このところ籠もりきり」のAさんも「私」も
同一人物なのです。

以下のように書き直すと分かりやすいのでは

「このところ籠もりきりだと知っている編集者の旧友が、写真撮影を口実に(私を)都心へ呼び出し、
それが終わると、赤坂のパリ式カフェに連れて行ってくれました。
気後れしている私に、国籍不明なほど若々しい身なりの老人が歩み寄って、力強く、
ー裁判、おめでとう!
 私は跳び立つとサングラスにジャンパーの相手の肩口を摑みました。」

(ノーベル文学賞受賞者の文章を手直しするなんて・・・)