04fca6eb.jpg
大阪の変わらない街並み。
懐かしいな。

きっと、その日思ったこと感じたことを記すのがブログ。

 

 

avex のアイドルストリート、スパガ・チキパ・GEMに続けと研究生的な立場で日々アイドルのレッスンに励んでいるのがストリート生。全国6つの拠点でチームとして活動しており、その福岡支部がFUKUOKAはかたみにょん★である。

 

年1回、全国のチーム対抗でNo.1を目指すライブイベント、ストリーーーーーグというものがある。2013年から始まり24日間46公演にも渡って行われた 2nd STAGE では、現リーダー廣川奈々聖たち4期生は右も左も分からないまま福岡は無念の最下位、組閣もあって4期生3人だけでの厳しい再スタートの2014年となった。

そこで6期生として新たに加入したのが蓮見優花と木下菜乃である。この5人で結束して新生みにょんとして最高のチームを作り上げ、2014年の 3rd STAGE では 2nd から2連覇の札幌に惜しくも決勝で敗れたものの、どん底から大躍進の2位にまで登り詰めたのである。

 

けど、ほんの数日前までゆうぴょんが生まれつき伝音性難聴を持ち、これまで何度も手術をしていたことも補聴器をつけて授業を受けたりしいることも全く知らなかった。


君の声がほしい 3月3日耳の日だよ 蓮見優花ヾ(⌒(ノ・ω・)ノ|FUKUOKA はかたみにょん★(w-Street FUKUOKA)オフィシャルブログ Powered by Ameba

 

アイドル活動をする上で耳が聞こえないというのが、歌を歌ったりメンバー・先生・スタッフ・ファンと話す時の障害になってどれほど大変かというのは計り知れない。そして今まさにアイドル活動をしている中で、手術をしていないはずの左耳の聴力が回復したという奇跡は、医学的に見てもきっと人体の不思議に値することだろう。

 

まあ僕のブログをいくら読むより、彼女のブログを直接読んでもらうのがいい。ストリート生に選ばれたことは誇れることだし、ゆうぴょんはまだまだ若いからこれからのアイドル活動がいいものとなるよう、みにょんの1ファンとして願ってる。

 

 

 

 

話は変わりまして、

 

「ゆっふぃー長いよ…ブログ……長過ぎるよ………」

 

文字数数えました、約8800です。原稿用紙で22枚分ですよ奥さん!!


おしらせ|ゆふろぐ(*´∀`)~♪

 

けど内容は元マネージャーの飯島さんのお別れのご挨拶。これがめちゃくちゃ面白い。

ひょんなことから新人ソロアイドルのマネージャーを勤めることになった苦労話。マネージメントするアイドルと一緒に成長し、ファンにも親身になって仕事をこなした1年間の熱い軌跡。

 

大きな将来のヴィジョンの中で「今これをしなければいけない」とはっきりとした目標を立て、それをマネージャーの出来うる力の限り1つ1つ確実に実現させていく。何をやってるのか全然知らなかったけど、マネージャーという仕事は本当に難しくて大変だけど尊敬できる仕事なのだなと思った。ゆっふぃーが前のアイドルを辞めてソロアイドルとしてスタートして、順調なリリースやライブでの活躍を耳にしたり、歌のタイアップが決まっていろんな場所で聞いたりといった活動の裏には、こういう苦労があってのことなのだなと分かって非常に感慨深かった。

 

ドロシーのファンとしては、2014年はユフマリとしての活動やワンマンのオープニングアクト、ツーマンライブとなにかとゆっふぃーのライブを見る機会があった。まあ、もちろん前のアイドルグループのときにコラボも見たけど(苦笑)

 

今回その活躍が認められ、かなりのハイペースでEMIからのメジャーデビューが決定したということ。メジャーに入るとこれまでとは比べ物にならないスタッフがゆっふぃーの歌を届けるために動いてくれて、その見返りとして絶対に結果を求められる。だから分かりやすい指標ではあるからオリコン10位以内という目標を達成したいということ。あの飯島元マネージャーに明確な目標を立て実現していくことを熱く語られたあとだと、その言葉に重みがある。ちょっとメジャーデビューまでに現場にお邪魔しようと思ったもっちさん*さんなのでした。

楽しくお稽古しましょう~♪  って、よく聞くフレーズなんだけどね。

何がどう楽しいんだろう?って自問自答してみたわけ。

 

日本伝統文化の華道っていうフレーズって、めっちゃ厳かな印象で身近じゃないよね。

なんか、限られた一部の人しか、跨いではいけないような敷居を感じるとういうか。

触れてみたいんだけど、触れられる場所すらわからない、みたいな。

そうなってくると、どんな楽しさがあるのか、なんて想像もできないよね。

 

でね、振り返ってみた。

華道歴30年になるんだけど、途中、子育ての時期は、ちょっと遠ざかってた。

このまま辞めちゃうのかなぁって、おぼろげに感じながらも、師匠が定期的に

連絡をくれることで、なんとか繋がってた感じだった氣がする。

その頃の記憶が、あまりはっきりしていないくらい、遠ざかってた時期もある

30年っていう数字なんだけどね。

 

で、入門した頃って、何をどう生けたらいいのかもわかってないから、

どう仕上げたらいいのか、ってのが見えてきたときに、ちょっと楽しくなってきてた。

自分で作りあげた花型が、綺麗な見栄えになった時、ご褒美をもらったようような楽しさを味わってたと思う。

そうこうしているうちに、もっと綺麗に生けるには、どうしたらいいのか?

っていう疑問が自分の中に生まれ始めて、その比重がどんどん高くなっていってた。

そしたらね、一本の枝を処理する時間がぐっと長くなってた。

見て、撓めて、切って。

もの凄い集中力で、その時間を過ごしてたと思う。

だから、お稽古が終わったときの解放感って、半端なくて、対峙した時間そのものを

愉しんでた氣がする。

 

年輪と共に、たのしみ方が変わってきて、いけばな自体を、自分に置き換えるような見つめ方をし始めてたり。

 

生きていくという時間の中で、こういうものを持てた人間って、タフに生きていけるんじゃないかなって感じ始めてる。

 

これが、日本の「道(どう)」と呼ばれているお稽古には、全部宿ってるんじゃないかな。

どさんこカメラが「札幌でしかできない50のこと」全部行ってみたよ。

№45美は青空の下で見つける。=札幌芸術の森美術館

f:id:tamayoshi:20160216222500j:plain

芸術の「森」と言うだけあって、木々に囲まれた自然をいかし、野外展示の彫刻品が充実している美術館。 札幌市街から少し離れているんだけど、最寄りの地下鉄からバスが運行しています。車なら札幌市内から1時間かからないくらい。

 

美術館で興味がありそうな展示をやってればたまに行くことはあったんだけど、

正直、どう楽しめばいいかわからないまま入場。この時は。

 

さくさく歩いていくと有島武夫のおうちを発見。大正2年に建てられたのをそのままもってきたんだって。

f:id:tamayoshi:20160216223001j:plain

残念ながら冬季は閉鎖中。

 

さらに歩いていくと、 冬の間でも楽しめる物を発見。

「かんじきウォーク」だ!

f:id:tamayoshi:20160216222707j:plain

「かんじき」は雪国で昔使われていた道具で、靴の上からさらに大きな木製の履物をはくことで、雪に埋もれないように歩けるんだよ。きっと昔話で見たことあるはず。

かんじきと長靴、無料で貸してくれるんだって。いってみよう。

 

かんじきかしてくださーい。

事務室でお姉さんに頼んだら、住所と名前を書いて長靴のサイズを選ぶよ。

長靴のサイズは22.5センチから用意されています。

 

▢充実のサイズラインナップ。

f:id:tamayoshi:20160216222604j:plain

 

▢かんじき

f:id:tamayoshi:20160216222639j:plain

よく見ると紐使いが複雑ですごい。はけるの?

ロビーに履き方が書いてますからねーと言われ、見よう見まねでやってみます。

 

▢かんたん!かんじきの履き方

f:id:tamayoshi:20160216223430j:plain

あら簡単。

f:id:tamayoshi:20160216224827j:plain

 どうやら、つま先の下の紐をしっかり張るのがポイント。

ここから長靴が脱落すると身動きできなくなります。

f:id:tamayoshi:20160216225419j:plain

かんじきの出来具合によって当たりはずれはあるかもね。

立入禁止のとこ以外はどこ行ってもいいからねーって感じで地図を渡されます。

 雪原をあるいて彫刻を鑑賞してもらうのが目的のようです。

f:id:tamayoshi:20160217083727j:plain

 

 

とりあえず遠くに見える彫刻に向かって道なき道を進みます。

除雪が全くされていない場所は大人の腰の高さくらいの積雪。普通の靴なら絶対に歩いて行けません。

f:id:tamayoshi:20160216230902j:plain

 かんじきが威力を発揮。全然足が埋まらない!

f:id:tamayoshi:20160216233400j:plain

ふつうは歩けないとこを歩けるって、すごく楽しい。

普段歩く場所って歩道の上だったり、除雪された道の上だったりで、ここを歩きなさいね。って決められている。こうやって自分の意志で自由に歩き回ること自体がちょっと新鮮でした。

 

 

▢かんじきを履かないとこうなる。

f:id:tamayoshi:20160216233639j:plain

ずぼ。

笹の上は雪が積もってるだけで中は空洞になっている。割と無敵に雪原を歩けるんだけど、この「笹トラップ」に引っかかると雪の中に落ちます。意外と危ない。けど足を踏み出した瞬間落ちるのがちょっと楽しい。

 

▢かんじきがつけた足跡は大きい。

f:id:tamayoshi:20160217213900j:plain

雪には沈まないけど、雪をこいで歩くのでかなり体力を使う。ひとつの彫刻に辿り着くまでかなり疲れてしまったよ。

野外美術館には73点もの彫刻が置かれているんだって・・。

 

▢グスタフ・ヴィーゲラン 「トライアングル」

f:id:tamayoshi:20160217203342j:plain

 

▢奥に見えるのは「木の枝をすべりぬける少女」

f:id:tamayoshi:20160216225814j:plain

 

 

 ▢淀井 敏夫「幼いキリン・硬い土」

f:id:tamayoshi:20160216233932j:plain

 雪で見えないけど、このキリンは硬いアスファルトのような地面に座ってる。

自然とはかけ離れた、動物園で生きなければならない幼いキリンの悲しげな彫刻・・なんだけど、首だけ出してなんか楽しい感じになってます。

 

こんな感じで、雪があると彫刻の感じ方も変わります。雪で余計な物が見えないので、真っ白な雪原が彫刻をひきたててくれているのかも。雪の中の彫刻もなかなか良いです。

 

 

 木々に囲まれた中を散策するので、野鳥も見られたよ。

f:id:tamayoshi:20160216232034j:plain

何かの足跡を追跡して歩いても楽しい。キツネやウサギの足跡がたくさんあったよ。

人間が靴で歩ける範囲がいかに狭いかわかる。

 f:id:tamayoshi:20160216223055j:plain

 f:id:tamayoshi:20160216231157j:plain

 

 

 

野外美術館のほかには、木工や陶芸をするための設備を完備した施設があるよ。

個人でも借りられるから興味のある人は見てみてね。

▢工芸館

 f:id:tamayoshi:20160216231643j:plain

 

▢美術館

f:id:tamayoshi:20160216231450j:plain

展示が開催されていたので、一応行ってみました。

この期間やってた「モーション/エモーション」

f:id:tamayoshi:20160217210902j:plain

安藤文雄をはじめ、北海道で活躍する9名のアーティストが参加。

 

美術館のミュージアムショップ。

 f:id:tamayoshi:20160216222828j:plain

武田志麻さんの版画が印象に残った。展示に関連した作品も販売されています。

f:id:tamayoshi:20160217211055j:plain

 

 

あとは、絵本「大きなかぶ」で有名な彫刻家・佐藤忠良さんの絵本や彫刻が見られる「佐藤忠良記念子どもアトリエ」もあるよ。

おおきなかぶ―ロシア民話(こどものとも絵本)

 

雪の中で楽しむ自然と芸術。

かんじきは実施期間が限られてるので興味のある人はお早めに。暖かい格好でね。

f:id:tamayoshi:20160217212924j:plain

 

 

 


f:id:concen11:20170523180011j:image

 

どうも、好きなときに、やりたいことをやっている、

津布久 宏(つぶく ひろし)です。

 

ご覧頂き、ありがとうございます。

 

今日も、PC1台で、好きなことをやりながら、生活できる力をつけていきましょう。

 

 

 

今回は、文章で、重要な〆の部分「追伸」の書き方についてです。

 

追伸を使うことで、あなたの文章は読まれやすくなり、反応率は上がります。

 

コピーライティングの基礎なので、この記事を参考にしてください。

 

 

詳しくは、動画をご覧ください。

拡大して、視聴することもできます。

 

www.youtube.com

 

終わりよければ、すべて良し。

 

このような、ことわざがありますが、文章にも当てはまります。

 

この終わりの部分が、「追伸」です。

最後にどのように締めれば、読者の心に残るのか、

読者からレスポンスを貰えるのか。

 

追伸を、上手に活用することで、

レスポンス(返信、購入など)を貰うことが、できます。

 

 

 

一呼吸、おいて、振り返ってみよう。

 

追伸とは、本文と切り離されて、

最後に「ちょこっと」書いてあります。

 

本文と切り離されていることで、

追伸は、本文とは別の、違った角度から、読むことができます。

本文は、長文になることも多く、ダラダラ読まれがちです。

 

なので、

内容が頭に入りにくく、伝わりきらないことが多いのです。

 

そのため、追伸で、本文のまとめを書いたり、

結論を要約することで、最終的に伝えたいことを、

繰り返し、お伝えすることが、可能となります。

 

繰り返すことや、まとめることで

伝えたかった部分が、読者に伝わり、

読み手の、理解度をアップさせる効果があります。

 

 

 

肝心なのは、具体的に行動を促すこと。

 

追伸には、具体的な行動を促す、という役割もあります。

 

販売や、返信、アンケートなどの、

レスポンスを得たい時は、行動を促すのは必須です。

 

追伸は、文章の最後にあることから、

行動を促すのに、ピッタリの場所に位置します。

 

最終的な、もう一押しや、

感情に訴えかけるような、文章を書くことで、

行動を促すようにしてください。

 

本文を、変えずとも、追伸の使い方をマスターするだけで、

驚くほど、読まれるメルマガになり、成約率が上がります。

 

今回の内容を理解して、追伸を攻略してみてください。

 

今回も最後まで読んで頂き、ありがとうございます。

時間がある方は、関連記事も読んでみてください。

 

 

この記事を書いている人

スポーツ、自然、食べるのが大好きで、

PC1台で仕事をしている、
津布久(つぶく)です。 

「やりたいことを、好きなときにやり、生活する」ことを実現し、人生を楽しんでいます。

 どうやって、好きなことで生活しているのか?

好きなことをやって、
生活する方法を、

無料のメルマガでお伝えします。

 

期間限定で、
登録者に3万円相当の

「好きなことで生活するための方法」のテキストを、

無料で、プレゼントします。

 

登録は下記から、簡単にできます。

 

 

好きなことで、生活しない? 無料メルマガ 読者登録

 


普通の会社員から、独立して、
今の生活をどう実現しているのか。

 

自分の好きなことで、
仕事をしたい人にとって、
ためになる情報を詰め込んでいます。

 

やりたいことができていない人は、読んで損はしません。

あなたへのオススメ記事です

 

wantsubu.hatenablog.com

wantsubu.hatenablog.com

wantsubu.hatenablog.com

wantsubu.hatenablog.com

wantsubu.hatenablog.com

wantsubu.hatenablog.com

wantsubu.hatenablog.com

wantsubu.hatenablog.com

wantsubu.hatenablog.com

wantsubu.hatenablog.com

 

3日目は福岡 ロゴスに来るのは何年ぶりやろ 楽屋からステージに行く階段の雰囲気が初台DOORSにそっくり(笑) ライヴはまたまた大盛り上がり! 次はいよいよ東京! IMG_0093.jpg 鯖のお造り

大好きなドラマ「ウォーキング・デッド」。

ずっと待ちこがれていたシーズン7第1話を観た。この第1話で仲間の誰かが確実に殺されたという衝撃的な終わり方をしたシーズン6の最終話の中身が明かされたわけだが、想像以上に衝撃的でまだ立ち直れずにいる。

f:id:kun-maa:20150520154549j:plain

自分がまだ立ち直れないほどの衝撃を受けたのだから、もちろんまだ観ていない人のためにここでその中身に触れることはしない。

それにしてもシリーズ開始以来、アメリカで高視聴率を獲得し続けている作品だけのことはある。話の組み立てや展開が悔しいほど巧みだ。つい魅入ってしまうことでさらに衝撃が増す。

 

あまりの衝撃的な展開に僕は途中で、実はリックだけが死んでいて今回の話の内容はゾンビ脳になってしまったリックの夢オチなのではないかと思ってしまったほどだ。

まさかの夢オチ。それなら腹が立って呆れたに違いないけど、どんなに気持ちが救われたことか...

 

思い返せば、シーズン6の様々なシーンで死亡フラグが立っていたんだなあとは感じたけどそれも結果論でしかない。そんなことを言い始めたら全員に死亡フラグが立っていると言っても過言ではないだろう。

 

これまでのシーズンでもリックの仲間はたくさん死んできたし、その都度ショックを受けてはきたけれど、今回のエピソードはこれまでで最も衝撃的で辛いものとなってしまった。

そして、殴り倒してやりたい悪役たちはガバナーや終着駅の奴らを筆頭にたくさん登場してきたが、今回のニーガンだけは許せない。

f:id:kun-maa:20161028183532j:plain

あの狂気の宿る目を持つスカした面をズタズタになるまでぶちのめしてやりたいと、かなり本気で思ってしまった。...すっかり暗黒面に囚われている。

 

第1話を見終わった直後は放心状態。その後は繰り返し思い出したくないシーンがフラッシュバックしてしまい、マジで気分が落ち込むほどである。

ウォーキング・デッドの熱烈なファンほど体調の悪いときや、気分が落ち込みやすいときは観ないほうがいいだろう。

未だに僕の中では観たことを後悔する気持ちと、これを乗り越えなければシーズン7以降ウォーキング・デッドを観ることに耐えられなくなるという気持ちがせめぎ合いを続けている。

 

第1話の衝撃から立ち直ったとして、これからの展開を考えると憂鬱で仕方ない。それでもきっと観てしまうんだけど。観ずにはいられないことはわかっているんだけどね。

ちくしょー、ニーガンめ!やっぱりこいつだけは許せない。こいつの最後を見届けたいからやっぱりこれからもシーズン7は観逃せない。

f:id:kun-maa:20161028183451j:plain

 

ゾンビなんて添え物程度に感じてしまうほど生きている人間は残酷で不可思議だ。

それがウォーキング・デッドの魅力でもあるのだけど、だからこそ時には衝撃だってキツいのだ。早く立ち直りたい...

そして第2話を観るのが怖いけど待ちきれない複雑な心境。 

ウォーキング・デッド6 DVD-BOX1

ウォーキング・デッド6 DVD-BOX1

  • 出版社/メーカー: KADOKAWA / 角川書店
  • 発売日: 2016/12/21
  • メディア: DVD
  • この商品を含むブログを見る
 
ウォーキング・デッド/ 7インチ アクションフィギュア TVシリーズ: ダリル・ディクソン

ウォーキング・デッド/ 7インチ アクションフィギュア TVシリーズ: ダリル・ディクソン

  • 出版社/メーカー: マクファーレントイズ
  • 発売日: 2016/11/25
  • メディア: おもちゃ&ホビー
  • この商品を含むブログを見る
 
スポンサーリンク
スポンサーリンク

このブログを気に入っていただけたら、ちょくちょくのぞきに来ていただけるとうれしいです。そして、とっても励みになります。

RSS登録していただける方はこちらのボタンをご利用ください。 

follow us in feedly

私の実家は関東北部です。特に目立つようなものもない、都会ではないけど、そんなに超ド田舎というほどでもない、そんなところなのですが(と自分が思ってるだけなのかもしれないけど)、そういうわけで、言葉は多少は田舎っぽくても、方言も(ほとんど)ないと子供の頃は思ってました。テレビ番組だって関東圏だし、「東京と同じ文化圏」なんだと。

ところが、大学に行くようになって、1、2度指摘されたことがあり、「やっぱり(一部)なまってたんだ〜」と気付かされて、恥ずかしい思いもしたものです。同じ頃、うすっぺらい地元タウン誌で方言の特集をしているのが目について、購入してみたのですが、なるほど。思い当たるような言葉や、文章の語尾などがずらずらと書いてあるではないですか。

そんなこんなで、学校行ったり学校行ったり仕事したりで長〜く実家を離れ、帰省してもほんの数日、私の方言はどんどん出なくなっていったのですが…。

最近の2度の里帰り出産を経て、特に、2度目はかなり長期にわたり滞在したのか、なんだか言葉が(一部)戻ってしまったようです。あたりまえのことですが、実家ではほとんど父や母としか会話しません(お腹がでかいのであまり出歩けないし)。2度目は、母がよく上の子のめんどうをみていたのですが、方言を使った上の子への言葉かけを、そのまんま同じように、今になっても、帰った家で使ったりしてしまいます。

あとはやっぱり、大阪に戻ってからも、ほとんどが家で子供とともに過ごす日々。この間まで使っていて、慣れてしまった言葉がついつい出てしまいます。こちらの人といっぱいしゃべっていれば、私も大阪弁になるのかもしれませんが。ママ友のみなさんと話していても、ついうっかり、関西人ばっかりのはずのところで、実家の方の言葉が出てしまって…。って、あまりみなさん意識してないのかつっこまれたことはなく、一人で内心冷や汗かいたりしております。(ギャグだと思われたのかも?)

子供が幼稚園や小学校に行きだすと、きっと、親の出身地関係なく、すっかり大阪弁になってくるのでしょうね。そしたらまた、家庭内言語も変わってくるかもしれません。

とうとうここまできたか。。。と目覚めてからなんか絶望的な気持ちに